【春場所】貴景勝あるぞ奇跡の〝4敗優勝〟 朝乃山下しV戦線復帰

2021年03月27日 06時15分

朝乃山(奥)をはたき込みで下し9勝目を挙げた貴景勝

 奇跡が起こる可能性が出てきた。大相撲春場所13日目(26日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=常盤山)が、大関朝乃山(27=高砂)をはたき込んで9勝目。持ち味の力強い突き押しで相手を圧倒し「普段やってきたことしかできないので一生懸命やろうと思っていた」と冷静に振り返った。

 カド番を脱出して迎えた大関対決は、過去4勝4敗。自身が押し相撲で朝乃山は四つ相撲と意識する存在だったことは間違いないが「それを考えてしまうと15日間もたない。力を出し切りたいと思うが、今日の相手は関係ない」と強調した。

 横綱不在の今場所は大関陣に期待が寄せられながらも、貴景勝は前半戦の黒星が響いて優勝争いから遠ざかっていた。ところが、この日はトップの小結高安(31=田子ノ浦)が3敗目を喫して関脇照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)と並び、1差で5人が追う展開となった。

 それだけに藤島親方(49=元大関武双山)は優勝争いについて「大混戦。貴景勝あたりはもう(優勝の)目がないと思っていただろうが、4敗力士も『よし!』という気持ちになってくるんじゃないか」と4敗勢の奮起を指摘した。

 1場所15日制が定着した1949年夏場所以降、11勝4敗の優勝は3度しかない。貴景勝は「明日の相撲を一生懸命やって千秋楽。それしかできない」と控えめ発言だったが、まさかの大逆転Vは起こるのか。

関連タグ: