【春場所】伊勢ヶ浜審判部長 大関復帰目指す照ノ富士に期待「2ケタ勝って欲しい」

2021年03月13日 17時40分

伊勢ケ浜審判部長

 大相撲3月場所(東京・両国国技館)の初日を翌日に控えた13日、日本相撲協会の伊勢ヶ浜審判部長(60=元横綱旭富士)が電話取材に応じた。

 今場所は横綱白鵬(36=宮城野)が4場所ぶりに出場する。伊勢ヶ浜部長は「やっぱり出なきゃいけない。休みが多いし長いし。今回は調整がうまくいったのでは。相撲にも活気が出るし、横綱土俵入りも見ていただくことができるし、いいんじゃないか」と語った。

 そんな中、大関復帰を目指す関脇照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)にも注目が集まる。師匠として稽古を見守ってきた伊勢ヶ浜部長は「悪くはないと思う。稽古もちゃんとしてきているから、あとは一番一番きちんと取ってもらうこと」

 また、審判部長としても「目安は(三役で3場所)33勝。そこはクリアしないといけない。2ケタ勝ってほしいですね」と期待を寄せる。。照ノ富士は直近2場所で24勝。大関復帰のチャンスは大いにある。

「ここまで来たこと自体、頑張ったと思うのでもうひと踏ん張り」と話す伊勢ヶ浜部長。照ノ富士の〝勝負の15日間〟からも目が離せない。

関連タグ: