【大相撲】横綱鶴竜が現役続行 3月場所は左足負傷で休場

2021年03月11日 15時35分

鶴竜
鶴竜

 大相撲3月場所(14日初日、東京・両国国技館)を休場する横綱鶴竜(35=陸奥)が11日、現役を続行する意思を示した。

 鶴竜は昨年の5場所のうち4場所で休場。横綱審議委員会から史上初の「注意」を決議された。今年1月の初場所も持病の腰痛のため全休。今場所で進退をかける意思を示していたが、9日の稽古で左太ももを負傷。出場が絶望的な状況となっていた。

 この日、鶴竜と今後について話し合った師匠の陸奥親方(61=元大関霧島)は「今場所は出ないということで決まった。まだ気持ちは切れていない。本人がやりたいと言っている」と説明した。

関連タグ: