【大相撲】正代が聖火ランナーを辞退 協会のコロナ対策考慮に関係者も「仕方ない」

2021年03月03日 13時45分

正代

 大相撲の大関正代(29=時津風)が東京五輪の聖火ランナーを辞退したことが3日、分かった。熊本県が明らかにした。5月5日に出身地の熊本・宇土市を走る予定だったが、新型コロナウイルス感染予防の観点から4日後に夏場所(東京・両国国技館)初日を迎えることを考慮して参加を断念。後任ランナーは未定だという。

 同県によると、日本相撲協会が新型コロナ対策として本場所2週間前の外出を原則禁止していることから、先月末に協会を通じて宇土市に辞退の申し出があったという。その後、県が本人に辞退の意向を確認した。

 関係者は「大関になられてからの参加予定だったので、待ちに待ったファンの方も多かったはずですが、仕方ないことだと受け止めています」と語った。

 聖火リレーは著名人ランナーの辞退が相次いでいる。

関連タグ: