【大相撲】「本当につらい…」正代を苦しめる〝小さすぎる敵〟

2021年03月03日 06時15分

正直、ツラい…

 大相撲3月場所(14日初日、東京・両国国技館)で2度目の優勝を目指す大関正代(29=時津風)が〝小さすぎる敵〟に頭を悩ませている。春の足音が近づくにつれて、花粉症の症状が悪化。「目がしょぼしょぼしている。どうしても、こすり過ぎてしまう。窓も怖くて開けられない。(発症は)2、3年前から。本当につらい」と表情をしかめた。

 自室に空気清浄機を設置してフル稼働させているものの、効果は不明だとか。「注射を打ったら楽になると聞いて、すごく考えた。でも、注射が苦手なので断念しました。市販薬? 買いに行くのもきついっすね。(外に)出るのが…。目がかゆくなるのが嫌だな」と治療にも腰が引けている。ひたすらピークが過ぎるまで耐え続けるしかなさそうだ。

関連タグ: