【大相撲】朝乃山が合同稽古で収穫強調「こういう機会はチャンス」

2021年02月21日 21時00分

阿武咲と相撲を取る朝乃山(右)

 大相撲3月場所(3月14日初日、東京・両国国技館)へ向けた合同稽古の2日目が21日、国技館内の相撲教習所で行われた。大関朝乃山(26=高砂)は小結御嶽海(28=出羽海)、幕内阿武咲(24=阿武松)らと16番取って12勝4敗。「自分の部屋は関取衆がいないので、こういう機会はチャンス。参加して悪いところも良いところも出てくると思う」と収穫を口にした。

 合同稽古に初めて参加して臨んだ初場所は11勝4敗。自身初のカド番を脱出し、大関として最低限の務めを果たした。今回も他の部屋の関取衆と切磋琢磨し、調子を上げて2度目の優勝を目指す構えだ。

関連タグ: