白鵬 凝ったデザインの「夢まわし」にビックリ

2014年05月09日 16時00分

「夢」の文字を「はくほう」のひらがな4文字で形づくったデザインの化粧まわしを贈られた白鵬

 横綱白鵬(29=宮城野)が8日、東京・羽田空港で全日空から三つ揃いの化粧まわしを贈呈された。白鵬が好きな言葉「夢」の文字を「はくほう」のひらがな4文字で形づくった凝ったデザインに「“はくほう”という名前が『夢』になるとは、夢にも思わなかった(笑い)。デザインしてくれた人に感謝です」と喜んだ。

 

 この日の朝は東京・江東区の伊勢ヶ浜部屋で出稽古し、日馬富士(30)と異例の横綱同士の三番稽古を敢行。8勝10敗と火花を散らし合った。鶴竜(28=井筒)を加えた3横綱で迎える夏場所(11日初日、東京・両国国技館)へ向けて「3人でともえ戦をしたいな」と千秋楽の優勝決定戦を熱望していた。