【大相撲】幕内の若隆景がコロナ感染 初場所出場は「今のところは何とも言えない」

2020年12月31日 18時24分

若隆景

 日本相撲協会は31日、幕内若隆景(26=荒汐)が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

 この日、若隆景は体調不良のため医療機関を受診し、新型コロナウイルス感染症と診断された。芝田山広報部長(58=元横綱大乃国)は「(若隆景は)38度以上の発熱と、のどの痛みがあった。本日、検査を受けて陽性となった」と説明。所属の荒汐部屋の師匠、力士、関係者らは全員PCR検査を受けるという。

 また、芝田山部長は若隆景の初場所(1月10日初日、東京・両国国技館)の出場について「本場所がどうなるか、今のところは何とも言えない。どれくらいの重さなのかも分からない」と話すにとどめた。