【大相撲】白鵬が1年ぶりの綱打ち「もちろん若手の壁に」

2020年12月23日 20時12分

綱締めを行う白鵬(中)

 大相撲初場所(来年1月10日、東京・両国国技館)で復帰を目指す横綱白鵬(35=宮城野)が23日、東京・墨田区の部屋で綱打ちを行った。例年は2場所に一度東京開催に合わせて新たな綱をつくるが、新型コロナ禍の影響で昨年12月以来、1年ぶり。付け人を務める他の部屋の力士や後援者などは呼ばなかった。

 完成前から待機していた白鵬は「若手の力士たちが綱打ちをする音を聞きたかった」。新調した綱を腰に巻き「この綱ひとつひとつに思いが込められているわけですから、来年頑張るというね。数々の綱打ち、やってきましたけどね。今回、改めてという感じで臨みましたね」と特別な思いが込み上げてきたようだ。

 11月場所後の横綱審議委員会で「注意」を決議されたが、まだ土俵に立つ気力は衰えていない。「このごろケガは多くなってきましたし、まずはケガをしない体作りをしながら、走りたいと思うし、その走る中で結果を出していきたいと思います。もちろん若手の壁になりつつ」と気合十分だった。