【大相撲】横綱・白鵬「師弟共に真摯に受け止めました」 横審からの「注意」にコメント

2020年11月24日 18時26分

白鵬

 大相撲の横綱審議委員会(横審)が横綱白鵬(35=宮城野)に対して「注意」を決議したことを受けて、白鵬の師匠の宮城野親方(63=元幕内竹葉山)が24日、日本相撲協会を通じて「横綱審議委員会のこの度の決議を受け、横綱としての責任を果たすべく、師弟共に真摯に受け止めました」(原文まま)と文書でコメントを発表した。

 白鵬は11月場所を全休。横審は23日の定例会合で、同じく休場した横綱鶴竜(35=陸奥)とともに休場の多さを理由に「注意」を決議していた。