【11月場所】単独トップ12勝! 貴景勝の「本命V」を後押しする〝スペシャルドリンク〟

2020年11月21日 06時15分

勢いある志摩ノ海(右)を下した貴景勝

 ストレスや睡眠に効果あり――。大相撲11月場所13日目(20日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が幕内志摩ノ海(31=木瀬)を押し出して1敗をキープ。V争いで単独トップに立ち、2年ぶり2度目の優勝へ近づいた。2横綱2大関が不在となる異常事態のプレッシャーを感じさせない活躍は〝スペシャルドリンク〟に支えられているという。


 貴景勝が志摩ノ海との〝1敗対決〟を制して12勝目を挙げ、ついに優勝レースの単独トップに立った。勢いのある幕尻力士との一番に「幕内で11番勝っているのは強いので、強い相手とやるというだけだった」と振り返る。土俵に立てば平幕、三役関係なく「力を出し切って負けたら弱い、勝っているのは強いということ」との考えからだ。

 2横綱2大関が不在の中、出場最上位として力の差を見せつけて圧倒。今年50勝目で、初の年間最多勝も正式に決まった。2年ぶり2度目の優勝へ突き進む大関は、ストレス緩和や睡眠の質を向上させる効果があるとされる〝スペシャルドリンク〟を愛飲している。昨年12月にヤクルトのCM出演をきっかけに届くようになった同社製品「ヤクルト1000」だ。

 同社担当者によれば、同製品を週に35本のほか、清涼飲料やサプリメントなどを差し入れしているという。大人や子供、力士に関係なく「一日1本継続しての摂取をお勧めしています」との説明から、少々多めの提供のようだが、厳しい稽古を積んで土俵に上がる貴景勝の好調キープにひと役買っているのは間違いない。

 また、貴景勝は専門書を読んで勉強するほど栄養学や生理学に精通していることで知られる。その知識には〝プロ〟の前出担当者も「食事や睡眠、トレーニング方法すべて強く意識されていると感じました。特に栄養に関しては、非常にお詳しい印象を持っています」と驚くほどだ。

 そのほかにも同社は昨年の九州場所から大関の取組に懸賞をかけ、今年初場所前には化粧まわしを贈呈するなど幅広くサポートしている。同社を含めた関係各所から2度目の賜杯への期待が高まる中、貴景勝は「期待してくださることはすごくうれしいし、応えたい気持ちはある。それは自分次第なので一生懸命頑張りたい」と力を込めた。

 大関初V達成の次にはもちろん、大目標の綱取りがある。〝特別ドリンク〟の後押しで一気に階段を駆け上がれるか。