【11月場所】志摩ノ海1敗堅守 幕尻Vに前進も「何も考えていない」

2020年11月18日 17時49分

 大相撲11月場所11日目(18日、東京・両国国技館)、幕内志摩ノ海(31=木瀬)が幕内豊昇龍(21=立浪)を押し倒して1敗を守った。取組後は「立ち合いから相手に先行されたと思ったけど、辛抱して取りきれた」と振り返った。

 新入幕だった昨年の夏場所(10勝5敗)以来の2桁白星に到達。ただ、本人は気を緩めることなく「自分の相撲が取りきれていると思う。それだけ」。優勝争いについても「何も考えていない」と平常心を貫くが、幕尻力士が今場所の〝台風の目〟になっていることは間違いない。