【11月場所】7連勝の貴景勝は〝先輩大関〟琴奨菊引退に神妙「教えてもらったことを忘れず」

2020年11月14日 18時43分

押し出しで隠岐の海に勝った貴景勝(左)

 大相撲11月場所7日目(14日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が幕内隠岐の海(35=八角)を一方的に押し出して初日から7連勝。2横綱、2大関が休場する事態の中、看板力士として優勝争いの先頭を守った。

 取組後は「集中して、後悔しない相撲を取ろうと思った。毎日、初日と思ってやれる準備だけして臨んでいるだけ」と表情を引き締めた。

 この日は同じ二所ノ関一門で、元大関の十両琴奨菊(36=佐渡ヶ嶽)が現役を引退。

 貴景勝は「一門の稽古でも、僕もヒザをケガしたのでケアの仕方だったりとか、いろんなことを教えていただいた。教えてもらったことを忘れずにやっていきたい」。

〝先輩大関〟が土俵を去ることとなり、神妙な面持ちを浮かべていた。