【11月場所】新大関・正代が29歳誕生日に感慨「何歳まで続けられるのかな」

2020年11月05日 15時31分

29歳の誕生日を迎えた正代

 大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を控えた5日、新大関正代(29=時津風)が稽古を行った。幕内豊山(27)と相撲を取って調整し、状態については「とりあえず、今の段階ではいつも通り仕上げられたんじゃないかなと思います」と手応えを口にした。

 この日、29歳の誕生日を迎えた新大関は「年取ったなあという感じ。あんまり年は取りたくないものですね。そんなにうれしく感じない」と〝ネガティブ発言〟。また「30(歳を)目前にしていろいろ考えないといけないことも増えてくるので、悩みは絶えないですね。何歳まで続けられるのかなとか考えますし」とも付け加えた。

 自身へのプレゼントは「自由に出て行けるならショッピングとか行きたいですけどね。今こういう状況なので」とまだ何もしていないようだが、後援会からは賜杯を持った写真をプリントしたケーキが贈られたという。

 1つ年齢を重ねて迎える来場所へ、正代は「ケガなく相撲を取りきれたらいい」。注目を集めてもマイペースを貫くつもりだ。

【関連記事】