正代の大関昇進に八角理事長がコメント「地道な努力が実を結んだ」

2020年09月30日 13時44分

八角理事長

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲11月場所(11月8日初日、国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇正代(28、本名・正代直也=時津風)の大関昇進を正式に決定した。八角理事長(57=元横綱北勝海)は相撲協会を通じて以下の談話を発表した。

「なかなか結果がついてこない時であっても、努力を続けていれば良い結果につながるということを証明してくれた。今までの地道な努力が実を結んだと思います。これからは、自分の形というものを追求していって、さらに上を目指してほしい」