【秋場所】初優勝の正代 事実上の「大関昇進」決まる

2020年09月27日 18時01分

初優勝した正代

 大相撲秋場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)、関脇正代(28=時津風)の大関昇進が事実上、決まった。千秋楽の本割で新入幕の翔猿(28=追手風)を下し、13勝2敗で初優勝した。

 この日、日本相撲協会の審判部は正代の大関昇進の方針を決定。30日に開かれる大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議、臨時理事会での承認を経て正式に「大関正代」が誕生する。