【秋場所】朝乃山は不戦勝でV争いに接近

2020年09月20日 18時28分

不戦勝の朝乃山

 大相撲秋場所8日目(20日、東京・両国国技館)、2度目の優勝を目指す大関朝乃山(26=高砂)が不戦勝となった。対戦相手の幕内豊山(26=時津風)が7日目(19日)の取組で右足首を負傷して休場。朝乃山は初日から3連敗後に5連勝となった。1敗力士が消えたため、優勝争いのトップとは1差に接近した。

 この日も国技館から引き揚げる際に報道陣の取材に応じず、沈黙を守った。9日目(21日)は元大関の幕内栃ノ心(32=春日野)と対戦する。奇跡の逆転優勝へ向けて、負けられない戦いが続く。