【秋場所】朝乃山が3連敗から2連勝 復調ムードも取材には応じず

2020年09月17日 18時22分

2連勝した朝乃山

 大相撲秋場所5日目(17日、東京・両国国技館)、大関朝乃山(26=高砂)は幕内玉鷲(35=片男波)を押し出しで下し、2連勝で2勝3敗とした。

 初日から3連敗を喫し、前日にようやく初白星。この日は立ち合いから玉鷲の右の突き押しにあごが上がる場面もあったが、それを回り込んでこらえると左の強烈な押っつけで一気に押し出した。立ち合いの腰の高さは気になるものの、動き自体には鋭さも戻りつつあり、復調ムードにあるのは確かだ。

 取組後のリモート取材は、初白星を挙げた前日同様に応じずに引き揚げた。高いレベルを求められる大関として、まだ自分の中では納得いく内容ではない、という気持ちの表れのようだ。