【相撲】新型コロナに感染した玉ノ井部屋の力士19人全員が入院

2020年09月11日 14時17分

玉ノ井親方

 日本相撲協会の芝田山広報部長(58=元横綱大乃国)が11日、電話取材に応じ、新型コロナウイルスの感染が確認された玉ノ井部屋の力士19人全員がこの日までに医療機関に入院したことを明かした。

 協会は10日に十両富士東(33)を含む人が新型コロナに感染したことを発表し、玉ノ井部屋に所属する力士28人は大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)の出場を見合わせることが決まっていた。発表時点では、まだ入院ができていない力士もいたが「受け入れ先を探していた? そういうこと。1か所じゃなく振り分けられて病院に入っている」という。また、陰性の力士は部屋にいるものの「万が一があるから外には出せない」と話した。