【相撲】白鵬と鶴竜の秋場所休場が決定 初日から複数の全横綱不在は37年ぶり

2020年09月11日 13時22分

白鵬㊧と鶴竜の休場が決定

 大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)で白鵬(35=宮城野)と鶴竜(35=陸奥)の両横綱が初日から休場することが11日、決まった。

 複数の横綱全員が初日から不在となるのは1983年夏場所の千代の富士、北の湖以来、37年ぶり。白鵬は7月場所で右ヒザを負傷して13日目から途中休場。先月中旬に内視鏡手術を受けた。また、鶴竜は右ヒジの故障で7月場所2日目から休場していた。