奇跡の復活・照ノ富士が稽古再開「今できることを精一杯続けていく」

2020年08月10日 15時21分

ダンベルを使って体を動かす照ノ富士

 大相撲7月場所で2度目の優勝を果たした幕内照ノ富士(28=伊勢ケ浜)が10日、東京・江東区の部屋で土俵を使った稽古を再開。四股、すり足などの基礎運動のほか、ダンベルを使ったトレーニングで汗を流した。奇跡の復活Vから1週間がたち「番付が落ちている時も変わらず応援してくれた方たちからのお祝いの連絡がうれしかった」と改めて喜びを実感。

 次の秋場所(9月13日初日、東京・両国国技館)へ向けて「とにかく今できることを精一杯続けていく。その先にいい結果がついてくればいいと思っています」とさらなる活躍を見据えていた。