【7月場所・12日目】白鵬まさかの連敗 御嶽海に突き落とし食らう

2020年07月30日 18時45分

白鵬(左)は御嶽海に突き落としで転がされた

 大相撲7月場所12日目(30日、東京・両国国技館)、横綱白鵬(35=宮城野)は関脇御嶽海(27=出羽海)に敗れて2敗目。Vレースから一歩後退した。

 前日の11日目には小結大栄翔(26=追手風)に敗れて今場所初黒星。2度の優勝経験のある実力者の御嶽海に、立ち合いで右手で張り、すぐに右上手を取って四つで一気に前に出た。しかし、土俵際で右の突き落としを食らって土俵下に横転。立ち上がると、右ヒザを気にするしぐさを見せ、花道も右足を引きずるように歩いて帰った。

 取組後の取材対応もなかったが、大関朝乃山(26=高砂)、元大関の幕内照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)は1敗を堅持する中で、大横綱がまさかの連敗。残り3日間、巻き返せるか注目だ。