〝泥酔〟田子ノ浦親方 検査は2日連続陰性 早くて30日に職務復帰

2020年07月29日 14時07分

田子ノ浦親方

 大相撲7月場所11日目(29日、東京・両国国技館)、日本相撲協会の芝田山広報部長(57=元横綱大乃国)が取材対応。飲食店での泥酔が発覚した田子ノ浦親方(44=元幕内隆の鶴)の現状について「田子ノ浦親方が(新型コロナウイルスの)抗原検査を受けて陰性でした。2日連続、陰性です。感染の可能性はないと思われます」と説明した。

 今後の職務(観察委員)への復帰に関しては「今日(29日)のところは部屋で。(職務復帰は)何もなければする。明日(30日)以降ということ。ああいう写真が確認されたのは問題というだけで、夜の接待を伴うお店ではない写真だった。それに関しては問題ないので。ただ、部屋持ちの師匠ですからね。問題視されるのは。しっかり弟子を管理するのが師匠の責任だから」と話した。

 田子ノ浦親方は外出先の飲食店で泥酔している写真がネット上に掲載され、日本相撲協会から厳重注意を受けた。相撲協会が定めた新型コロナウイルス対策のガイドラインには「不要不急の外出自粛」が明記されている。田子ノ浦親方は28日に1回目の新型コロナウイルスの抗原検査を受けて「陰性」と判定されていた。