【7月場所・7日目】〝謹慎休場〟阿炎に芝田山広報部長怒り心頭「子供じゃないんだから分かるだろう」

2020年07月25日 18時13分

〝強制休場〟となった阿炎

 まさかの〝ドタキャン〟だ。大相撲7月場所7日目(25日、東京・両国国技館)、幕内阿炎(26=錣山)が突然休場する事態となった。対戦相手だった関脇御嶽海(27=出羽海)は不戦勝となった。NHKの大相撲中継で解説を務めた師匠の錣山親方(57=元関脇寺尾)は放送の中で「数人のお客さまと会食に出たので休場させました」と休場の理由を説明。「こういう時期に軽はずみな行動をした。申し訳ありません」と謝罪した。

 今場所は新型コロナウイルス禍で厳戒態勢が敷かれる中での開催。支度部屋内は力士が座る位置ごとにアクリル板で仕切られ、各力士は準備運動をする間もマスクを着用することが義務付けられている。協会が定めたガイドラインでは、不要不急の外出を自粛することも明記されている。部外者と一緒に外食することなど、もってのほかだ。

 錣山親方が阿炎の外食を知ったのは、この日の午後2時ごろ。同親方は深刻な規則違反と受け止め、師匠の判断で事実上の〝謹慎休場〟にすることを決めた。審判部は休場の知らせを受けて急きょ、翌8日目(26日)の取組を編成し直す「割り返し」と行うなど、慌ただしい動きとなった。

 阿炎と言えば、これまでにも数々のトラブルを起こしてきた〝お騒がせ力士〟としても知られている。昨年11月の九州場所前にはインスタグラムに不適切な動画を投稿して炎上。日本相撲協会に反省文を提出した。今年2月には相撲協会の研修会後に「爆睡してた。寝てたし、聞いてねーし」などと発言し、協会から厳重注意を受けていた。

 そして、今回の騒動…。相撲協会の芝田山広報部長(57=元横綱大乃国)は「外部と接触したことを本人(阿炎)も認めた。これ以上、ほかの力士に接触させるわけにはいかない。明日(26日)以降、抗原検査を受けて、PCR検査も受けさせる予定。結果が出るまで、その間は休場。協会のガイドラインに違反している。さんざん何回もやらかして、世の中がどんな状況か考えてほしい。子供じゃないんだから分かるだろう」と怒り心頭だった。

 錣山親方も「(休場は)本人の自業自得。せっかく協会員一同、協力して場所を開いてお客さまを入れられるようになった時に、そういうことをしてしまうのは最低のこと」と未熟な弟子を切り捨てた。