【7月場所・5日目】白鵬5連勝! 春場所金星の阿武咲に隙見せず

2020年07月23日 18時54分

上手出し投げで阿武咲に勝った白鵬

 大相撲7月場所5日目(23日、東京・両国国技館)、横綱白鵬(35=宮城野)は幕内阿武咲(24=阿武松)を上手出し投げで下し、5連勝となった。

 立ち合いから素早く左上手を取ると、阿武咲に攻める隙を与えず出し投げ。3月の春場所で金星を許した新鋭をあっさりと土俵に転がした。

 盤石の相撲内容に取組後は「先場所(春場所)は引いてしまったからね。今日は引かない思いでいきました。いいところを取れた。(上手出し投げは)タイミングが良かったんじゃないか」と納得顔。「この5日が大事だと思っていた。それを乗り切ったのでこれからも流れを崩さず、一番一番いきたいと思う」と早くも45回目の賜杯を視界に入れた。

 また、カド番の大関貴景勝(23=千賀ノ浦)は幕内宝富士(33=伊勢ヶ浜)をはたき込んで4勝目(1敗)。関脇御嶽海(27=出羽海)は幕内遠藤(29=追手風)を押し出して5連勝とした。