【大相撲・7月場所】朝乃山待ちに待った大関デビュー「今になって緊張してきました」

2020年07月17日 18時21分

大関・朝乃山

 大相撲7月場所(19日初日、東京・両国国技館)を控えた17日、新大関朝乃山(26=高砂)が報道陣の電話取材に応じた。この日に開かれた取組編成会議で初日は幕内隆の勝(25=千賀ノ浦)、2日目(20日)は幕内遠藤(29=追手風)と対戦することが決まった。過去の対戦成績は隆の勝とは1勝0敗。遠藤とは3勝6敗と分が悪いものの、前回対戦では朝乃山が勝っている。

 朝乃山は「やっと場所が始まるなという思い。あとは自分のことを信じてモチベーション上げて臨みたい」と2日後の本番が待ちきれない様子だった。3月の春場所後に大関に昇進したが、5月の夏場所は新型コロナウイルスの影響で中止。仕切り直しとなる〝大関デビュー〟を前に「今になって緊張してきました(笑い)」と言いつつも「準備万端な感じで、7月場所初日に向けてやってきた。あとは自分を信じてやってきたことをやるしかない」と意気込んだ。