【大相撲】新大関・朝乃山 昇進の実感「まだないです」 角界初のリモート会見

2020年07月06日 13時18分

リモートで会見した朝乃山

 大相撲7月場所(19日初日、東京・両国国技館)を控えた6日、新大関の朝乃山(26=高砂)が東京・墨田区の高砂部屋で会見を行った。角界では初の試みとなるインターネットを利用したリモートで対応。2週間後の本番へ向けて「やっと2週間前になった。あとは初日に向かって体をつくるだけ」と引き締まった表情で話した。

 3月の春場所後に新大関に昇進したが、5月の夏場所は新型コロナウイルスの影響で開催中止となった。「(感染予防で)外にも出られないし(大関に昇進した実感は)まだないです」と言いつつも「大関になって終わりじゃない。もう一つ上の番付(横綱)がある。そこを目指す気持ちは変わっていない」とキッパリ。新大関として臨む7月場所に向けて「大関の地位は常に優勝争いに加わらないといけない。一日一番、しっかり自分の相撲を取っていきたい」と意気込んだ。