• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 未練なし!把瑠都が角界と“完全決別”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未練なし!把瑠都が角界と“完全決別”


「エストニアの怪人」が相撲界に“決別”を告げた。元大関で十両把瑠都(28=尾上、本名・カイド・ホーベルソン)が11日、日本相撲協会に引退届を提出した。古傷の左ヒザのケガが回復せず、手術が必要なほどの重傷。秋場所(15日初日、両国国技館)も全休なら、幕下への陥落が決定的だった。把瑠都は「ヒザのケガの影響で引退することを決めました。これ以上は(番付で)下がりたくない。横綱になれなかったことは残念」と無念さをにじませた。

 

 一方で、指導者として相撲協会に残る意思については「考えてない」とキッパリ。角界への未練は全くないようだ。実際、外国出身の大関琴欧洲(30=佐渡ヶ嶽)や大関鶴竜(28=井筒)が引退後に親方になることを視野に入れているのに対し、把瑠都は興味すら示さなかった。その背景の一つに角界のしきたりや慣習に最後までなじめなかったことが挙げられる。

 

 Tシャツや短パン姿で繁華街を歩き、協会から再三にわたって厳重注意を受けた。また、11年5月の技量審査場所中には「遊びの場所みたい」と発言し、協会幹部からカミナリを落とされた。事情に詳しい関係者は「本人は最後まで納得がいかない様子だった」。さらに、タニマチからのご祝儀やテレビ出演のギャラを部屋が“徴収”することに対しても、不満を募らせたという。

 

 把瑠都にとっては引き続き「息苦しい世界」に身を置くよりも、全く別の道に進むほうが、はるかに現実的な選択肢。2009年に結婚したエレナ夫人はロシア出身で、日本にとどまらなければいけない理由もない。今後はエストニアへの観光客誘致活動や母国での牧場経営などに携わる見込み。しがらみから解き放たれた男が、第二の人生への一歩を踏み出した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!