新大関朝乃山が稽古再開 もう一つ上へ「精神面も強くしないと」

2020年03月30日 17時28分

 大相撲の新大関朝乃山(26=高砂)が30日、東京・墨田区の部屋で稽古を再開。四股やテッポウなどの基礎運動で汗を流した。

 看板力士として新たなスタートを切った朝乃山は「尊敬される、目標とされる大関になりたい。もう一つ上(横綱)を目指すには稽古だけではなく、精神面も強くしないと上がれない」と自覚を口にした。

 大関昇進を決めた春場所は、新型コロナウイルスの影響で初の無観客開催となった。新大関として迎える夏場所(5月10日初日、東京・両国国技館)の開催方法は現時点では未定。再び無観客で開催される可能性もあるが「(無観客は)春場所で経験している。自分の相撲を取り切るだけ」とあくまでも土俵に集中する構えだ。