大関昇進披露宴で鶴竜〝ざんげ〟

2012年06月21日 18時00分

 大関鶴竜(26=井筒)の大関昇進披露宴が都内で開かれ、角界関係者、後援者ら約900人が出席した。新大関として迎えた夏場所は8勝と勝ち越すのがやっと。6大関時代でいきなり〝負け組〟となり、祝賀ムード一色になるはずのパーティーは一転「ざんげ」の場となった。

 

 壇上であいさつに立った鶴竜は「先場所は成績があまり良くなく、申し訳ありませんでした」と異例の謝罪。井筒親方(51=元関脇逆鉾)も「これからはこういう成績を取らないように稽古に精進させます」と釈明した。

 

 過去10人の新大関のうち昇進直後の場所で10勝未満は鶴竜と日馬富士(28=伊勢ヶ浜)の2人だけ。井筒親方は「8勝でファンの方に申し訳ないことをした。12勝くらいしていたら、また違ったんだが…」とどこか浮かない表情だった。