【大相撲初場所】史上最大の下克上V“おじさんの星”徳勝龍の素顔

2020年01月27日 19時00分

観衆とタッチしながら引き揚げる徳勝龍。“昭和世代の星”だ

「世紀の番狂わせ」の反響がすさまじい。大相撲初場所千秋楽(26日、東京・両国国技館)で幕内徳勝龍(33=木瀬)が大関貴景勝(23=千賀ノ浦)を寄り切り、14勝1敗で初優勝。奈良県出身者では1922年の鶴ヶ浜以来98年ぶりの快挙となった。幕内最下位となる西前頭17枚目からの優勝は史上最大の下克上。土俵の世代交代が進む中、今年8月で34歳になる昭和世代男のミラクルな活躍は多くのファンに勇気と感動を与えた。新たに誕生した“おじさんの星”の素顔とは――。

 白鵬(34=宮城野)と鶴竜(34=陸奥)の両横綱が相次いで途中休場する中、世紀の番狂わせを演じた。今場所の番付は幕内力士42人中で最下位の西前頭17枚目。いわゆる「幕尻」と呼ばれる番付だ。2000年春場所で貴闘力が東の幕尻(14枚目)で優勝した例はあるが、東より下位にあたる西では初めて。出場力士では最上位の貴景勝を破って優勝し、史上最大の下克上を達成した。

 過去2年間は十両が主戦場だった。昨年5月場所で10場所ぶりに幕内に復帰したが、4勝11敗と大敗。わずか1場所で十両に再転落した。徳勝龍は「幕内に上がって満足する部分があった。どの地位でも向上心を持って上を目指さないとダメだと思うようになった」。悔しさをバネにして、大輪の花を咲かせた。

 日本相撲協会の八角理事長(56=元横綱北勝海)は「上位が調子を崩している中で幕内にいればこういうこともある。30歳を過ぎて立派」とたたえた。元横綱稀勢の里の荒磯親方、大関豪栄道らと同じ昭和61年(1986年)生まれの33歳。徳勝龍は同世代の関取衆の多くが経験している三役はおろか三賞の受賞すらない“劣等生”だった。

 その黄金世代もすでに稀勢の里は現役を引退。今場所は豪栄道が大関から陥落し、土俵では世代交代が進む。昭和組が下り坂を迎える中で、今回の下克上Vは大きなサプライズだ。ネット上では「徳勝龍」がまさかのトレンドワード1位になったほどで、ファンの間でもネット上は「非常に感動した。勇気をありがとう」「ウルッときた」「頑張っていればいいことあるんだなあ」などと称賛の声一色だった。特に昭和世代に与えたインパクトは絶大で、新たな“おじさんの星”が誕生したと言えそうだ。

 では下克上力士の素顔は? 徳勝龍のサイズは身長181センチ、体重188キロ。巨漢揃いの幕内力士の中でも5番目の重量力士だ。その原点は幼少期からの大食。国技館で息子の優勝を見届けた母のえみ子さん(57)によると、出産時の体重は3860グラム。驚くべきことに、6か月後には体重が10キロに増えていたという。えみ子さんは「よく食べて、よく寝る子でした」と振り返る。

 小学4年時に相撲道場へ入門。練習前の夕方に「おやつ」としてラーメンとチャーハンを食べ、帰宅後には通常の夕食をたいらげた。小学校時代は相撲以外にも柔道と野球を掛け持ちするスポーツ少年だった。「野球は捕手で4番を打っていました。いつも三振かホームラン」(えみ子さん)。当時から“一発狙い”の性格だったのか!?

 リーダーとしての資質もありそうだ。中学2年時に自ら生徒会副会長に立候補。多忙を極める学校行事に専念するため、相撲以外のスポーツを断念したほどだ。部屋では弟弟子たちから慕われる存在。別部屋で近大の後輩の関脇朝乃山(25=高砂)も「巡業中に食事に誘ってもらったり、いつも気にかけてもらっている。頑張ってほしいです」と心酔している。

 おっとりとした外見とは裏腹に強心臓の持ち主。千恵夫人(33)によると、優勝がかかる大一番の前日も「いびきをかいて寝ていた」。新日本プロレスの“野人”中西学(53)のファンという横顔も。中西は09年5月にデビュー17年目でプロレス界の頂点、IWGPヘビー級王座を初戴冠。ともに「遅咲き」という点で共通している。

 2月22日の後楽園大会で引退する中西は、27年間の現役生活を送ってきた。徳勝龍も「もう33歳じゃなくて、まだ33歳だと思って頑張ります。さらに上を目指す? いけるところまでいきたい」と力強く宣言。果たして徳勝龍のミラクル優勝は昭和世代の反撃ののろしとなるのか、一度きりの珍事で終わるのか。今後の動向に注目だ。

【徳勝龍劇場】初場所千秋楽の国技館が「徳勝龍劇場」と化した。結びの一番で貴景勝を寄り切って初優勝を決めると、みるみると顔をゆがめて男泣き。「本当に信じられない」と感涙にむせんだ。一方で、表彰式の優勝力士インタビューでは第一声で「自分なんかが優勝して、いいんでしょうか?」と言い放ち、大入り満員の館内は爆笑の渦に包まれた。

 優勝への意識を問われると「意識することなく…ウソです。めっちゃ、意識していました。バリバリ、インタビューの練習をしてました」と明かして再び笑わせた。その後に近大相撲部の恩師で7日目の18日未明に55歳で急死した伊東勝人監督の名前を挙げ、言葉を詰まらせながら「監督が一緒に土俵で戦ってくれたような気がします」。今度は観客の涙を誘った。