【大相撲】連合稽古で絶好調! 貴景勝の評価がV字回復

2020年01月09日 16時30分

貴景勝は絶好調を宣言する

 若き大関の評価がV字回復だ。大相撲初場所(12日初日、東京・両国国技館)を控えた大関貴景勝(23=千賀ノ浦)が東京・江東区の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古(8日)に参加したが、関脇高安(29=田子ノ浦)と相撲を10番取って7勝3敗。先場所まで大関だった相手を電車道で押し出すなど絶好調をアピールした。

 昨年の貴景勝は大関昇進を果たす一方、関脇陥落も経験。右ヒザと左大胸筋の故障に苦しんだ。現在は万全に近い状態にまで回復。「調子はいい。昨年の下半期は不安がありながら毎場所を迎えていた。久しぶりに不安なく本場所を迎えられる」と好感触を口にし「最後の番付(横綱)になるためには優勝することしかあり得ない。優勝を貪欲に目指していく年になる」と2度目の優勝と横綱挑戦に意欲を見せた。

 角界OBの評価も急上昇。普段は辛口で知られる解説者の北の富士勝昭氏(77=元横綱)は「(横綱を)ぜひ狙ってほしいね。どこも体が悪くなければ、優勝は狙える」。舞の海秀平氏(51=元小結)も「完全に元に戻っている。ヒザや胸のケガの影響もない。(最近数場所で)一番いい。稽古場通りの力を出せば、優勝争いにからんでいくでしょう」と太鼓判を押した。

 昨年は1年間で幕内栃ノ心(32=春日野)、貴景勝、高安の3大関が合計4回も関脇へ陥落。大関のふがいなさが目立つ年でもあった。本来は横綱に次いで優勝争いを求められる地位。貴景勝は看板力士にふさわしい活躍を見せることができるのか。