左大胸筋負傷の貴景勝 痛々しい姿で稽古再開

2019年10月02日 11時30分

痛々しい…。貴景勝の左胸は内出血で紫色に変色していた

 ここから復活できるのか。9月の大相撲秋場所で左大胸筋を負傷した貴景勝(23=千賀ノ浦)が1日、東京・台東区の部屋で稽古を再開した。この日は上半身に負荷をかけず、四股やスクワットなど下半身の運動で汗を流した。左胸付近は内出血で広範囲にわたって紫色に変色し、稽古終わりの所作、塵手水(ちりちょうず)では左腕を十分に上げることができなかった。

 先場所は12勝を挙げて1場所で関脇から大関復帰を決めたが、千秋楽の優勝決定戦で左大胸筋を部分断裂(肉離れ)する大ケガを負った。貴景勝は「ケガをして2日後ぐらいは腫れがひどくて痛かった。少しは良くなっている」と患部の状態を説明。負傷した場面については「最初の立ち合いで突き起こす時に、自分の突き方が悪かったからケガをしてしまった。全部、自分に原因がある」と振り返った。

 今後は患部の治療を続けながら、九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の出場を目指して調整する構え。ケガの回復具合によっては今月の秋巡業の途中参加も視野に入れている。貴景勝は「ケガも含めて自分の実力。もう気持ちは切り替えられている。(九州場所は)無理をして出ることはないけど、できるだけ出るつもりでやる」。ただ、現時点で先行きは不透明のままだ。

 一方で、部屋は現在も十両貴ノ富士(22)の暴力問題で揺れている。部屋頭の貴景勝は「自分はケガを治して、一生懸命やるしかない」と話すにとどめた。