日馬富士が稀勢の里の胸を借りる!?

2013年06月28日 16時00分

 横綱日馬富士(29=伊勢ヶ浜)が26日、名古屋場所(7月7日初日、愛知県体育館)での優勝争いを“厳命”された。春場所は9勝、夏場所は11勝と低迷続き。もう一人の横綱白鵬(28=宮城野)が2場所連続で全勝優勝しているのとはあまりに対照的で、存在感は薄れる一方だ。

 

 師匠の伊勢ヶ浜親方(52=元横綱旭富士)は先場所の成績について「大関だったら10勝、11勝でもいいが、横綱が11勝では物足りない。最低でも12勝、13勝はしないと」と苦言。名古屋場所へ向けては「横綱である以上は常に優勝争いをしないといけない」とノルマを課した。番付発表前には大阪で部屋の“強化合宿”を敢行。愛弟子を1週間、みっちり鍛え直したという。

 

 それでも、伊勢ヶ浜親方は「合宿で稽古してきたけど、まだ足りない。出稽古にも行くよ」。出稽古先は親方も「力をつけてきている」と認める大関稀勢の里(26=鳴戸)の鳴戸部屋が有力候補。先場所の直接対決では、圧倒されて完敗を喫した。今までは横綱として胸を貸す立場にあったが、もはや「胸を借りに行く」と言ったほうが現実には近いかもしれない。

 

 この日の日馬富士は稽古後に奈良・天理で土俵入りを披露。場所に向けては「一生懸命やるだけ」と話しているが…。地に落ちた綱の威信を取り戻せるのか。