新大関・貴景勝に先輩大関の洗礼「どんどん力が落ちてくる」と脱帽

2019年05月09日 16時30分

 新大関が先輩大関の“洗礼”を受けた。大相撲夏場所(12日初日、東京・両国国技館)を控えた8日、新大関貴景勝(22=千賀ノ浦)が千葉・松戸市の佐渡ヶ嶽部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古に参加した。大関高安(29=田子ノ浦)との30番に及ぶ三番稽古で13勝17敗。中盤までは互角に渡り合ったが、20番を超えても高安は稽古を終わらせてくれない。

 終盤は22歳の大関が先に息切れして、完全に圧倒された。貴景勝は「後半に崩れた。(自分は)攻撃相撲だから番数を重ねてくると、どんどん力が落ちてくる」と脱帽。一方の高安は「中盤から体が温まってきていい形になった。あと20、30番は取れる。稽古量を重ねれば重ねるほど(場所の)15日間に生きる。若手に負けないようにやりたい」と涼しい顔だった。

 角界屈指の稽古量で今の地位を築いた高安に、貴景勝は体力の違いを見せつけられた格好。それでも「長い相撲になってからのスタミナがつく」と収穫を口にした。この日の経験を生かして、場所本番で“恩返し”をすることができるか。