白鵬「令和」の綱を締め「ヨシッという感じになる」

2019年05月01日 15時13分

令和最初の「綱打ち」を終えた白鵬(中)

 大相撲の横綱白鵬(34=宮城野)が1日、東京・墨田区の部屋で新しい綱を作る「綱打ち」に臨んだ。新元号「令和」では最初となる真新しい綱を締めた白鵬は「新しい綱は『ヨシッ』という感じになりますね。これで、やっと新しい年(令和)がスタートすると強く感じた。平成で積み上げたものを思い出しながら、頑張りたいと思う」と気持ちを新たにした。

 その後は東京・両国国技館で行われた十両以上の関取衆による「令和」の人文字づくりに参加。「初めてのことだったし、黒紋付(の袴)でやりましたから。いい思い出になりました」と笑顔で話した。