新大関・貴景勝「新しい時代を代表する力士に」

2019年04月30日 14時05分

番付の自らのしこ名を指し示す新大関・貴景勝

 新大関・貴景勝(22=千賀ノ浦)が30日、東京・台東区の部屋で会見を行った。夏場所(5月12日初日、東京・両国国技館)を前に「身が引き締まる思いです。小さいころからの目標でした。十両、幕内、三役に上がったときもうれしかったですけど、もう一つ上がありますから。守ったら落ちる。挑戦者の気持ちで」と率直な気持ちを語った。

 新元号の令和で迎える場所に「いいスタートを切りたい。15日間全部勝つ気持ちで力を出し切る。新しい時代を代表する力士になりたい」と並々ならぬ決意を述べた。

 同席した千賀ノ浦親方(58=元小結隆三杉)は「大関、横綱は特別な人しかなれない。信じられないような気持ちでいます。肉体的にも精神的にもここ何か月かで強くなった」と目を細めた。