【大相撲春場所】白鵬が貴景勝と玉鷲に力の差を見せつけた 二所ノ関一門の連合稽古で28勝1敗

2019年03月06日 16時30分

気合の入る白鵬(右)は貴景勝の当たりをまともに受け止めた

 大横綱は復活できるのか。大相撲春場所(10日初日、大阪府立体育会館)を控えた5日、横綱白鵬(33=宮城野)が大阪・堺市の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古に一門外から参加。大関取りに挑む関脇貴景勝(22=千賀ノ浦)と初場所で優勝した関脇玉鷲(34=片男波)を相手に合計29番取って28勝1敗と力の差を見せつけた。

 貴景勝との最初の相撲こそ押し出されたものの、その後は相手を“子供扱い”。大関候補をけたぐりから豪快に投げる場面もあった。先場所で右ヒザなどを痛めて途中休場した影響を全く感じさせず、稽古後は「自分の中では15番くらいの感覚。もう10番くらいやりたかった」と物足りなさを口にしたほど。両関脇が肩で息をする中で、大横綱の呼吸は全く乱れてなかった。

 白鵬が二所一門の連合稽古に参加するのは2年前の夏場所前以来。稽古を視察した相撲解説者の舞の海秀平氏(51=元小結)は「白鵬が二所一門に来てあの2人を指名するということは、今場所はかなり気持ちを引き締めている。絶対に優勝しなきゃいけないという思いを感じた」と“本気度”を肌で感じ取った様子。新たなケガなど特別な事情でもない限り、出場は確実だ。

 白鵬は「勢いがある人と稽古しようと思った。(貴景勝と玉鷲には)先場所に負けていますからね。いい稽古になった」と納得の表情。平成最後の本場所へ向けて「最初と最後が大事ですから。3月と5月は引っ張らないといけない。年1回の大阪場所。(過去)2年間は最後まで相撲を取ることができなかったし、いいところを3年ぶりに見せたい」と意気込んだ。大横綱のモチベーションは今まで以上に高いと言えそうだ。