“しょっぱい”勝負できない? 貴景勝の新化粧まわし

2019年02月22日 16時30分

贈呈式に出席した貴景勝

 大相撲春場所(3月10日初日、大阪府立体育会館)で大関取りに挑む関脇貴景勝(22=千賀ノ浦)が21日、都内で行われた化粧まわしの贈呈式に出席した。

 今回の化粧まわしは春場所で「赤穂の天塩」をまき塩として提供する予定の赤穂化成と塩田事業に携わる三井物産が共同で製作。貴景勝は「上杉謙信公の『敵に塩を送る』という言葉がある。上杉謙信を継いだのが上杉景勝で、そこから貴景勝という名前もいただいた。男として正々堂々と戦うということを再認識して、これからも頑張っていきたい」と塩とのつながりをアピールした。

「化粧まわしと塩の力を借りて、3月場所はしっかりいい成績を残したい」。1月の初場所で大関昇進は見送られたが、春場所は2桁10勝以上を挙げれば昇進は確実な状況。新たな“戦闘服”を追い風にして目標の達成を目指す。