元稀勢の里・荒磯親方 スーツ姿で“初出勤”

2019年02月01日 16時30分

 スーツ姿の評価は――。大相撲初場所で現役を引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)が31日、東京・両国国技館で開かれた年寄総会に出席。黒いスーツに濃紺のネクタイ姿で、親方として“初出勤”した。オーダーメードのスーツが間に合わなかったため、既製品を着用。これまでの着物とは勝手が違うだけに「まだ慣れていない」と苦笑いを浮かべた。ちなみに先輩の親方衆からの評価は「“似合ってない”と“似合ってる”が半々」だったという。

 この日は親方衆の職務が決まり、荒磯親方は指導普及部に配属された。今後は本場所の館内警備などを担当する。元横綱は第2の相撲人生に向けて「(親方の仕事に)少しでも早く慣れて協会の力になれるようにしたい。次の横綱大関を育てたい」と意気込んだ。