• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 白鵬V24のウラに“最恐の姉”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白鵬V24のウラに“最恐の姉”


 大相撲春場所(大阪府立体育会館)は横綱白鵬(28=宮城野)が、北の湖に並び史上4位となる24回目の優勝を決めた。いつになく勝利への執念をのぞかせてつかんだ2場所ぶりの賜杯。最強横綱が目の色を変えるきっかけとなった「深夜の説教事件」とは――。

 

 13日目に早々と優勝を決めた白鵬は「まさか13日目に優勝が決まるとは思っていなかった。自分が勝って決まって良かったです」と笑顔で喜びにひたった。春場所4連覇、歴代4位の北の湖に並ぶ24回目の優勝も白鵬にとっては一つの通過点にすぎない。一方で、今場所の白鵬には何が何でも優勝しなければならない理由があったという。

 

“事件”が起きたのは、初場所千秋楽の1月27日深夜のことだった。12勝3敗で優勝を逃した白鵬は東京・錦糸町で開かれた打ち上げの2次会に参加した。

 

 V逸の傷心を癒やすためにグラスを傾けていたところ、同席していた姉のバドゲレルさんが白鵬に向かって説教を始めたという。関係者の話を総合すると、その際の様子は次のようなものだった。

 

 姉「どうして優勝できなかったのよ!」

 

 白鵬「……」

 

 姉「日馬富士は全勝で優勝したのに、あなたは3回も負けるなんて!!」

 

 白鵬「……」

 

 姉のけんまくに周囲が一瞬、凍りついたことは言うまでもない。事情に詳しい角界関係者は「お姉さんに怒られて、横綱は今にも泣き出しそうな顔をしていた。相当にこたえていたようだ」と明かした。

 

 天下の大横綱といえども、バドゲレルさんは頭の上がらない存在。しかも家族思いの白鵬にとって、身内に責められるのは何よりもつらいこと。今場所の白鵬は7日目の時天空(33=時津風)戦で時間前に立つなど、今までにないほど勝利への執念を見せた。その裏側には、姉からの強烈な叱咤激励があったのだ。

 

 白鵬は「24回目の優勝? 一つ一つの積み重ねでいくだけ。32回に近づくことが大鵬さんへの恩返しになる」と昭和の大横綱が打ち立てた記録への挑戦を改めて口にした。その過程で長く優勝から遠ざかるようなことがあれば、再び姉から厳しい“愛のムチ”が入るに違いない。

 

 

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GII共同通信社杯】諸橋愛が執念のGⅡ初優勝!
イバラの道を歩み続けた真のファイターが大きな勲章を手にした。

【ボートレース蒲郡】プレミアムGI「ヤングダービー」
注目選手を直撃!岩瀬裕亮&今井美亜のスペシャル対談を動画で配信中。

第2回東スポカップ ポーカー大会
東日本最大規模のポーカー大会「第2回東スポカップ ポーカー大会」決勝DAY2を10月22日(日)に開催します!


おすすめコンテンツ
東京スポーツ杯・道営スプリント(21日=門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!