• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > ギリギリまで出場希望も…白鵬が休場決断した事情

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギリギリまで出場希望も…白鵬が休場決断した事情


若い衆を指導する白鵬(左)

 大相撲九州場所(11日初日、福岡国際センター)を控えた8日、横綱白鵬(33=宮城野)が右ヒザ痛、横綱鶴竜(33=井筒)は右足首の不安で休場することが決まった。九州場所では稀勢の里(32=田子ノ浦)が初めての一人横綱を務める。

 白鵬の休場について、宮城野親方(61=元幕内竹葉山)は「手術して穴を開けている。その右ヒザがまだ治りきってなくて痛い。無理してまたけがしたら同じこと」と説明した。白鵬はギリギリまで出場を希望していたというが、部屋関係者によると、この日に決断するしかなかったという。8日午後に九州場所前夜祭が行われたが、この様子は初日前日の10日にNHKで九州沖縄地域向けに放送される予定。休場の可能性を抱えたままの出席は難しかった。

 白鵬は朝稽古に姿を現すも報道陣には無言。師匠は「今年最後の場所だから出たかっただろう。9月場所で記録をつくって、その勢いで…と思っていた」と横綱の胸中を代弁。白鵬は帰京せずに福岡で治療を続ける。冬巡業には参加する方針で来年の初場所の出場を目指す。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・SG「第21回チャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!