元旭鷲山 貴ノ岩の提訴取り下げで賠償金全額負担も直前で回避

2018年10月30日 16時39分

返金になり安堵!?

 大相撲元小結旭鷲山(ダバー・バトバヤル氏=45)が30日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に電話出演し、元横綱日馬富士(34)による暴行事件で被害者の貴ノ岩(28)が約2400万円の損害賠償を求めた訴えを同日、取り下げたことについて感想を語った。

 元旭鷲山は貴ノ岩の訴訟取り下げの背景について、モンゴル国内でのバッシングが原因と指摘。「嫌がらせが多くなっちゃって、彼がモンゴル帰ってきた時にすごく心配。第2の人生が長いので、仕事もできなくなるし、みんな相撲が大好きな国なので…。本人もそれ分かって気づいてやめたと思う」と分析した。

 モンゴル力士の兄貴分的役割を果たしている元旭鷲山は、賠償金の全額の肩代わりを表明していた。実際に2400万円を用意したが、使われなかったという。

「モンゴルから2400万円、現金を積んで日本に行ってマネジャーに渡して『巡業中だから今、渡すと問題だから巡業終わったら渡して』って言って帰ったんですよ。今日電話がかかってきて『もうお金も返します。全部、話は終わったからよかった』って言うから『それならよかった』ってなって」と事態の収束に安堵した。