• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 和田京平氏 輪島さんをいたむ「若手レスラーと一緒にかわいがり受けていた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和田京平氏 輪島さんをいたむ「若手レスラーと一緒にかわいがり受けていた」


天龍(右)の強烈なチョップ攻撃を耐える輪島さん

 誰にも愛され、何事にも真っすぐな人だった――。9日に70歳で急逝した大相撲の元横綱輪島大士(本名輪島博)さんに、全日本プロレスの名誉レフェリー・和田京平氏が哀悼の意を表した。

 輪島さんは1985年12月に日本相撲協会を退職した後、86年に故ジャイアント馬場さん率いる全日プロに入門。38歳にしてプロレスラーに転向した。「天然で陽性。誰からも好かれる真っすぐな人だった。素であんなに面白い人はいなかったね。練習嫌いなんて言われてたけどとんでもない。横綱まで上りつめて親方まで務めた人が、文句も言わず若い選手と一緒に練習してスパーリングで『かわいがり』を受けてるんだから頭が下がった。何事にも一生懸命な人だった」と和田氏は明かす。

 米国修行時代はホテルの部屋に炊飯器を持ち込んで自炊。洗濯物を天井のスプリンクラーにつるし、火災報知器が鳴って部屋中が水浸しになるなど、エピソードは尽きなかった。「(馬場夫人の)元子さんが米国でプロテインを渡したら、飲み方を知らず、食事だと思って夕食にひと袋(1キロ)スプーンで平らげちゃって。あれはおかしかったなあ」

“狂虎”タイガー・ジェット・シンとの国内デビュー戦(86年8月7日、石川・七尾市体育館)は日本テレビのスペシャル特番としてゴールデンタイムで放送された。「デビュー戦ですからね。もう二度とないでしょう。プロレス界では、ある意味『革命』だった」(和田氏)。その後はミスタープロレス天龍源一郎(68)と命を削りあうような真正面からの勝負を展開。当時、長州力(66)が新日本プロレスにUターンして危機を迎えていた全日プロを再興させた。

「輪島さんだからこそ、天龍さんのものすごい顔面攻撃に耐えられたと思う。天龍さんも輪島さんだからあそこまでやったんじゃないかな。『攻める側』と『受ける側』がガッチリ組み合った奇跡的な例ですよね」(和田氏)

 わずか2年でプロレスを引退してからは、一切業界にかかわることはなかった。「俺はまた戻ってくるだろうななんて考えていたけど違った。スパッと身を引いた姿勢は潔かったし、男だった。だけど早いよね。心から追悼の意を表します…」と沈痛な表情を浮かべていた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!