貴乃花親方が日本相撲協会に退職届を提出

2018年09月25日 14時35分

貴乃花親方

 大相撲の貴乃花親方(46=元横綱)が25日、日本相撲協会に退職届を提出したことを発表した。退職理由など詳細については同日午後5時から都内で行う記者会見で説明する。

 貴乃花親方は報道各社にファクスを送信。「私、貴乃花光司は、本日、公益財団法人日本相撲協会に対し、年寄を退職させていただく旨の退職届け及び貴乃花部屋に所属する弟子、床山、世話人全員について所属先を変更させていただきたい旨の変更願いを提出いたしました」(原文ママ)と報告した。

 貴乃花親方は27日の理事会までに5つある一門のいずれかに所属しなければならない中、6月の貴乃花一門の“消滅”以降、無所属の状態が続いていた。

 24日には「貴乃花応援会」のホームぺージ内でメッセージを更新し「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」などと書き込み、退職を示唆していた。