【大相撲秋場所】10勝5敗の稀勢の里を“評価”も横審に残る不安の声

2018年09月25日 16時30分

千秋楽で豪栄道(奥)に敗れた稀勢の里

 大相撲の横綱審議委員会の定例会合が24日、東京都内で開かれた。北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が23日まで行われた秋場所で9場所ぶりに皆勤し、10勝5敗の成績を残したことについて「来場所以降へ向けて復活の足場ができた」と評価。その一方で「横綱は本来、優勝争いをしなければいけない。横綱は強くなければいけないが“弱いな”という場面が何回かあった。まだ本来の強さにはなっていない。もろいところがあるので克服してほしい」と指摘した。

 また、同委員長は「今の段階で引退したほうがいいという意見は全くなかった。ただ来場所以降、まだどうなっていくか不安だという声はあった。来場所の序盤戦で負けが込んで休場すれば(横審として)考えなければならないことになると思う」と話し、引き続き和製横綱の動向を注視していく構えだ。