【大相撲秋場所】御嶽海 オレ流で一発大関狙う

2018年08月28日 16時30分

御嶽海は報道陣に配られた名刺入れを手にポーズをとった

“一発昇進”の可能性は――。大相撲秋場所(9月9日初日、東京・両国国技館)の新番付が発表された27日、関脇御嶽海(25)が東京・墨田区の出羽海部屋で会見した。7月の名古屋場所で初優勝を果たし、今場所は自身初の大関取りに挑戦する。御嶽海は本番へ向けて「上(大関)の意識はある。自信はある? はい」ときっぱり。親方衆からは厳しい指摘も出る中、結果で周囲を納得させることができるか。

 先場所の御嶽海は13勝2敗の好成績で初優勝を果たした。日本相撲協会の八角理事長(55=元横綱北勝海)は秋場所が大関取りになることを明言するとともに、相撲内容も重視する見解を示している。大関昇進の目安は「三役(関脇・小結)の地位で3場所合計33勝以上」。御嶽海は過去2場所で22勝しており、今場所は11勝以上することが数字上のノルマとなる。

 御嶽海は会見で「まずは勝ち越し。その後は2桁という気持ちで」と控えめな目標を掲げながらも「上(大関)の意識はある。(大関昇進のチャンスは)自然と来るんじゃないですか。自信はある? はい」と言い切った。先場所の優勝が大きな自信になっていることは間違いない。

 ただ、現時点では御嶽海をめぐる角界の評価は二分されている。“低評価”の理由の一つが、先場所は3横綱や大関栃ノ心(30=春日野)が休場したため対戦がなかったことだ。親方の一人は「横綱が出ていれば、御嶽海が優勝することもなかった」と断言する。さらには、稽古を間近で見る機会が多い出羽海一門の親方衆を中心に「稽古が足りない」との指摘も絶えない。もちろん、こうした見方があることは御嶽海自身も自覚している。

 横綱をはじめ上位陣の復帰が見込まれることについては「何回もやっている相手なので、勝負は(横綱大関と対戦する場所)後半だと思う。しっかりものにしたい」。稽古に関しても「スタイルを変えるつもりはない。疲れていると思ったらやらない。稽古した者が上に上がる? それはそうだと思いますけど。覆したいな。(親方衆から)『自己流は通用しない』と言われたけど、自己流でここまで来ちゃってるからね。誰もが自己流だと思う」と豪語し、これまで通りマイペースを貫く構えだ。

 果たして「有言実行」となるのか、単なる“ビッグマウス”で終わるのか。2週間後の本番で結論は出る。