名古屋場所で初Vの御嶽海 夏巡業で地元・長野凱旋「本当にうれしい」

2018年08月05日 17時23分

 大相撲の夏巡業が5日に長野市で行われ、長野県出身で7月の名古屋場所で優勝した関脇御嶽海(25=出羽海)が凱旋を果たした。

 長野県勢として初優勝した効果は絶大で、前売り券は完売。約6000人もの観客が詰め掛け、稽古や幕内土俵入り、取組などで土俵に上がるたびに地元ファンの大歓声が起こった。

 御嶽海は「本当にうれしい。勝ち越しや2桁という目標より上の優勝をして帰ってこれたというのは、自分でも想像できなかった。いいサプライズになったのでは」と改めて喜びをかみ締めた。