栃ノ心が大関昇進!口上は「力士の手本となるように稽古に精進します」

2018年05月30日 09時40分

大関に昇進した栃ノ心

 日本相撲協会は30日午前、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月8日初日、愛知県体育館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇栃ノ心(30、本名レバニ・ゴルガゼ=春日野)の大関昇進を正式に決定した。

 相撲協会から出羽海理事(50=元幕内小城ノ花)と審判委員の大鳴戸親方(44=元大関出島)が使者に立ち、東京・墨田区の春日野部屋で栃ノ心と師匠の春日野親方(56=元関脇栃乃和歌)に大関昇進を伝達。栃ノ心は「親方の教えを守り、力士の手本となるように稽古に精進します」と口上を述べた。