• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 闘将・柱谷哲二氏 ロシアW杯へ献策!本田はもちろん16歳の久保建英も!!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

闘将・柱谷哲二氏 ロシアW杯へ献策!本田はもちろん16歳の久保建英も!!


ハリルジャパンについて熱弁を振るった柱谷氏

【柱谷哲二の闘将論】サッカー元日本代表DFでキャプテンも務めた柱谷哲二氏(53)が約20年ぶりに本紙評論家に復帰し「闘将論」を展開することになった。第1弾として6月のロシアW杯に臨むハリルジャパンに緊急提言。未来のA代表エースと言われる逸材のW杯メンバー入りをはじめ、大黒柱の復帰、愛弟子の動向に言及した上で「闘将」の後継者には意外な男を“指名”した。

 ――日本代表は今月下旬に欧州遠征に臨む。どんな選手が選ばれるか

 柱谷氏:しばらく招集されていない本田(圭佑=31、パチューカ)をどうするのか。彼の経験はすごい。ゲーム中にうまくいかないときの対処の仕方を知っている。若い選手はうまくいっているとハンパなく力を発揮する一方、そうでないときはマイナスになる。(バヒド・ハリルホジッチ)監督もいろいろ考えていると思うけど、ベテランと若手のバランスが大事になってくる。

 ――本田が復帰すれば昨年9月以来となる

 柱谷氏:選手としてグッと伸びているものはないだろうけど、久しぶりの日本代表でも遠慮せずに今まで通りにリーダーシップを取ってほしいね。これまではコンディションが戻っていないからメンバー外になっていただけ。状態が良ければ、相手国に脅威を与えられる選手なのは間違いない。世界でも名前を知られる選手だからね。

 ――MF香川真司(28=ドルトムント)については

 柱谷氏:ケガをしているけど、状態はいいんじゃないか。ハリルホジッチさんが代表選手に「試合に出ないとダメだ」と言っているのは正しいんだよ。やっぱりゲームをしていないとコンディションは上がらない。たとえバルセロナ(スペイン)に行ったとしてもコンスタントに試合に出ていなければ意味はないってこと。

 ――W杯メンバーになりそうな若手はいるか

 柱谷氏:中島翔哉(23=ポルティモネンセ)もそうだけど、堂安律(19=フローニンゲン)とかね。あとは“日本のメッシ”(FW久保建英=16、FC東京)をW杯メンバーに入れてもいいんじゃないか。彼を見ていると、サッカー界の未来は明るいと感じるよ。代表監督を務めた岡田(武史)さん(61)が、高校生だった市川大祐を(1998年フランスW杯に)帯同したようにバックアップでもいい。若手に経験させるのは次のW杯に向けて大事になる。

 ――久保の魅力は

 柱谷氏:センスはすごい。ドリブルの仕方とか(ボールの)置き場所とか見ると、先も含めてすべてを描けている。あとはフィジカルだけ。J1だと接触で(体を)持っていかれる。今後は英才教育をしていかないと。日本サッカー協会もクラブに任せるだけじゃなく、しっかりと(強化方法を)考えてほしいね。

 ――MF長谷部誠(34=Eフランクフルト)の主将ぶりについて

 柱谷氏:いいんじゃないかな。バランス取れていると思う。(元代表主将だった)オレよりも数段いいキャプテンだよ。浦和のコーチをしていたときに3年間指導したけど、マコ(長谷部)は選手として素晴らしいのはもちろん、後輩の面倒見もいいし、先輩ともきちんと話せる。そういうコミュニケーション能力は高いからね。

 ――ところで、選手たちは堅守速攻スタイルに不満のようだ

 柱谷氏:(ボールを)回せるときは回すという判断でもいいんじゃないかな。相手がゴール前に戻っているのに速攻なんて無理だから。本田やマコがリーダーとしてピッチ上で判断するべき。カウンターを狙うのは当然として、ダメなときは臨機応変に指示すればいい。ただ監督の方針が一番であって自分たちの考えが先になってはいけない。

 ――かつて「闘将」と呼ばれた。後継者は

 柱谷氏:それは(DF吉田)麻也(29=サウサンプトン)じゃないか。世界一激しいと言われるイングランドで活躍できるセンターバックってすごいし、きちんと戦っているから。他選手に対し激しく言うタイプじゃないけど、彼ならプレーでチームをけん引できる。今はケガをしているけど、闘将と呼ばれる存在になってほしいね。

☆はしらたに・てつじ=1964年7月15日生まれ。京都府出身。国士舘大学から日産自動車(現J1横浜M)入りし、Jリーグ発足後はV川崎(現J2東京V)で主に守備的MFとして活躍。初代Jリーグ選手会長も務めた。日本代表では主将を務め国際Aマッチ通算72試合6得点。指導者として2002年から札幌、東京V、水戸などで監督を歴任した。昨季はJFL八戸を指揮。京都などで監督を務めた元日本代表FW柱谷幸一氏(57)は実兄。182センチ、70キロ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!